若々しく、美しくありたい女性に
▼おすすめヒアルロン酸(通販)▼
小林製薬のコラーゲン&ヒアルロン酸セット

市販の紫外線クリームや、日焼け止め成分を含むメイク用品で紫外線を防ぐことが、肌を紫外線から守る方法としてはメジャーです。

乳幼児を対象とした日焼け止めクリームも売り出されているようです。

肌への刺激がマイルドな日焼け止めもありますので、まずは肌につけてみるといいでしょう。

紫外線対策商品にはSPFという数字が書かれていますが、これは紫外線をカットする持続時間を表示しています。

SPF35と書かれている日焼け止めは、SPF10の日焼け止めより、長い時間肌を紫外線から守ってくれるという意味になります。

SPFの数字が大きな日焼け止めは、夏の盛りや日差しが厳しい季節に、長い時間外にいることになる場合などに使ってください。

けれども、紫外線カット効果の高い日焼け止めクリームは肌への負荷が大きいものが多いので、その点も配慮する必要があります。

紫外線の弱い日に、SPFの値が高い日焼け止めを使う必要はありません。

紫外線を防ぐ強い効果がある日焼け止めは、繊細な肌の人や赤ちゃんにとっては、肌に良くない影響が出てしまう場合があります。SPFだけでなく、PAという基準が日焼け止めにはあるようです。

SPFは、肌が紫外線の作用で赤くなることに対する対策効果が期待できます。

肌が日焼けによって黒くなるという人は、PAを参考に紫外線対策を行って肌をガードしてください。