子供だからといって紫外線ケアをおろそかにはできません。

日本では、適度に日焼けをした方が風邪を引かない体になると考える人が多いようです。

子供に紫外線ケアは不要であり、積極的に日に焼くべきだと思っている大人は、今でも大勢いるといいます。

しかし、幼少期に多くの紫外線を皮膚に受けていると、成人してから皮膚ガンや白内障などの病気にかかりやすいといいます。

多くの人が白内障や皮膚がんに悩まされがちなオーストラリアやアメリカでは、子供が小さなころから紫外線へのケアに気を配っています。

子供だから、日焼けを気にしない、ケアしなくても大丈夫というのではないのです。

子供だからこそ、日焼け止めを塗るようによく注意したり、長時間外で遊ぶ時は帽子やサングラス、長袖のものを着るように促す必要があるのです。

子供の皮膚は、大人よりもずっと繊細です。

子供には子供に適した日焼け止めクリームがあります。

どうしてもという時は肌への刺激がマイルドなものを選びます。

小児用の日焼け止めクリームを利用してください。紫外線のケアをした際には、家に帰ったら、石鹸などできれいに落とすようにしましょう。

紫外線ケアの後肌に残った日焼け止めの成分が原因で、皮膚に炎症を起こす等の肌トラブルが発生する事もあるので注意が必要です。